ひちりき納豆

ひちりき納豆

どうやら納豆はチェコの生産元の納豆菌がダメになり日本から取り寄せするとかしないとかで、現在、長期に渡って納豆なし生活が続いております。

ご主人イキイキ

 

そんなある日、スーパーマーケットで見かけた水煮缶。

大豆に似てね?

違いました。Flageolet フラジオレットですって、なにかしら?辞書を引いてみると…

篳篥豆

よっ読めない!

雅楽の管楽器、篳篥 ひちりきに形が似ているので、ひちりき豆さんだそうです。

ご紹介が終わるや否や、水をきられて、洗われて、茹でられるひちりき豆さん。そこに取りいだしたるチェコ共和国に置いては超高級品の日本からの輸入納豆。

茹でたひちりき豆のお湯を切って、熱々のうちにこの高級種納豆をのせ、

スパチュラで粒を潰さない様に丁寧にまぜまぜ

プラスティック容器に入れたら、

フタにかなり水滴がつくので、クッキングペーパーをフタで軽く押さえ挟む感じにして空気が入る工夫、暖房の上にのせて一晩寝かせます。

ひちりき納豆、できるかな。おやすみなさ〜い。

 

 

その夜のことです


ものすごい異臭に目が覚めたご主人。犯人はもうお分かりですね?

こ❤️ち❤️ら


ひちりき豆は見事に納豆になり、家中に異臭をはなっておりました。チェコの4月の真夜中と言えばまだまだ真冬。窓を全開にして凍えながら空気の入れ替えをするご主人。

朝にはご飯を炊いてお祝い膳。混ぜてみると糸がねーばねばねーばねば、素晴らしい出来栄え。

いただきま~す(≧▽≦)。
わ!ちゃんと納豆。大粒だけど食べ応えがあって美味しいよ!

ひちりき納豆できちゃった❤️

…でもね

ご主人に「もう作らないでね」ってお願いされちゃいました。

 を押すとが喜びます。それではみなさま、世界のどちらにいらしてもステキな一日をお過ごしくださいませ。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です